リフォームに関する情報サイト

リフォームで防音床にする方法

リフォームで防音床にする方法 昨今は生活音に対して、ナーバスになっている方が大勢います。以前であれば生活をすることは必然的に音を発することと考えられていましたが、今では静かに暮らすのがマナーとさえ言われます。
古い住居で音が気になるという場合は、防音施工リフォームをおこなうのが望ましいでしょう。特に分譲マンションである場合は、床を防音にするだけで大きく生活音を省くことが可能です。一般的なリフォーム方法は、床の下にウレタンマットを敷きつける施工です。これはマット加圧法と呼ばれており、平均的な室内空間の100平方メートルで約100万円で工事を実施されます。この施工の場合、マットをカッティングして敷き詰めるだけなので、工事期間が2日程度で抑えられるのがポイントです。大掛かりなことをすることもなく、生活をしながら実施できるのが魅力といえるでしょう。戸建て住宅でもおこなえますが、戸建ての場合は階下を気にする必要はないので、さほど導入されません。

部屋全体を防音にするリフォームにかかる費用

部屋全体を防音にするリフォームにかかる費用 防音リフォームにはどこをどのようにするかで費用は変わってきます。
壁や床だけを施工するのか、窓も特殊なガラスに変えたり、大掛かりなものは一部屋まるごと組み立て式の防音室を設置する方法もあり、自分の希望に合うものを選ぶ必要があります。
リフォームには3つの施工があり、床や壁材の下に吸音性のある素材を敷くものや遮音マット、床や壁を遮音素材のあるものに張り替えるなどがあります。これらの施工で、床にスプーンを落とした時や壁を叩いた時の衝撃音を緩和します。いずれも補費用は25万~70万程度かかり、部屋の大きさや素材の品質によっても異なります。床のみに対応する時に最も安い値段でお手軽にできる施工は、音を吸収するマットを敷き詰める方法があり、これには低反発なクッション性のあるものや、タイル状のもの、コルクなどがあります。他にも窓は音漏れを防ぐガラスに張り替えたり、遮音カーテンなどに交換するなどのやり方があります。