リフォームに関する情報サイト

スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは スケルトンリフォームとは、住宅の骨格だけを残して、他のすべての部分に手を加えるタイプのリフォームのことです。骨格や骨組みという英語が名前の由来となっています。一般的なリフォームでは、壁の内側や、水回りの基本的な部分は残しておく傾向があります。それに対してスケルトンでは、どちらかというと新築に近い形の作業となります。
メリットとしては自由度の高さが挙げられ、骨組み以外の部分は法律の範囲内で予算をオーバーしなければ、どのようにも作り変えられます。ある設備を導入したいけれども、間取りのせいで不可能だというような状況になりにくいです。また骨組み以外を一度全てオープンにしてしまうため、本来は目に見えない部分を確認できるという強みもあります。住宅は長年使い続けていくと白アリのトラブルや配電設備の老朽化などが発生する恐れがありますが、そのような問題が見つかることで早めに対処できるかもしれません。ただ当然骨格があってこそ成り立つスタイルなので、住宅の形を作るために面を使用している場合は不可能です。

リフォームに掛かる費用の内訳

リフォームに掛かる費用の内訳 住み慣れた我が家に新しい刺激を求めるのであれば、リフォームをするのが良いでしょう。
昨今ではリノベーションという言葉でも言い表されるようになりましたが、家の中を自身の希望に見合った工夫工事を実施することを言います。女性の場合、ガラス製品に高い興味と美しいと感じる気持ちを抱かれる方が多くいます。たとえば、キッチンとリビングを隔てる壁をスケルトン調に変えたいという場合も、リフォーム工事で簡単に作り変えることが可能です。その施工費用の内訳をここで見ていくと、工賃と部品代を合わせて約120万円となります。その内訳は工賃が50万円で、工期は1週間です。部品はキッチンで使用するスケルトンガラスは耐熱性のものなので、通常のガラスの約2.4倍の価格となります。骨組みを室内に設置することになりますが、この費用は工賃に含まれるので別途必要というわけではありません。なお、施工会社によっては基礎工事が必要になる場合もあります。